GOOSE CULB

ひじりこ(聖泥)について

1)ひじりこ(聖泥)の発見と命名について
2)聖泥の精製             
3)聖泥の成分・効用          
  ミネラル            
  イオン化したミネラルの諸効   
  ミネラルの働き         
  鳴沢精製土の成分(構成比)   
  聖泥の効能           

1)ひじりこ(聖泥)の発見と命名

 富士山秀年窯で知られる陶芸家細川秀年氏、京都で陶器を作っていた同氏が、京都ではだせない味があり、使用して質の良さに引かれ昭和37年富士山麓、鳴沢村に移住して、陶器を作り始めたところ、あることに気がついた。
 陶芸家の手はだいたい土いじりのために荒れており細川氏の手も京都のころは、かさかさでひどかったのが富士山麓という高冷地にもかかわらず、しもやけ、ひびわれからも解放され、すべすべした手になったという。そこで、土の効力に気がついた細川氏は数年間一人で全身に塗ったりして、全身の皮膚がつるつるになるのを確認し、陶芸アトリエの訪問客や医師などの進言も東京農業大学付属日本土壌協会に土の分析を依頼したり、本格的な研究を重ねた結果、イオン化した貝藻の化石からなるミネラルを大量に含んだ鉱泥であることが実証された。
 このようにして細川氏によって発見されたこの泥を“富士山の泥”とよんでいたが、東京の某医博、薬剤師、美容家など広い方々の意見を集約した結果、この“富士山の泥”の中には人間の力では作り出せない何か聖なるものが含まれているのではないかという結論に達した。そこで“富士山の泥”の仮の名を“聖なる泥”という意味で
【聖泥(ひじりこ)】と命名した。
                         ページトップへ
2)聖泥の精製

三千万年以前、大海の底で噴火した火山の「処女水」が堆積し、胎内から流出したもので、地球の全エネルギーを包んだ貴重で神秘的な要素がこの「聖泥」のエキスとなっている。この「聖泥」のエキス、貝藻の化石を忍野村に建設された衛生的な工場で精選し、富士山麓鳴沢村地区内の土として、それを良質な富士山の地下精水を使ってさらに精選し、特殊な布でこして、再び固めた土を150度〜180度の乾燥室に入れて15〜18時間殺菌してから完全乾燥し、300メッシュの微細な粉土にすることによって、有効成分が表皮より最も多量に敏速に吸収されるようにイオン化したものである。また、渡辺淋医学博士によりこの鉱泥で8年間にわたり臨床実験の結果、あらゆる諸疾患に優れた効果がみられた。
そこで、昭和53年10月 医薬部外品(47D)第287号で認可をうけた。
                         ページトップへ
3)聖泥の成分・効用

 「聖泥」の有効成分(ミネラル)を含有する鉱泥を一切の化学薬品を使用せず、その鉱泥中に含有されている天然ミネラルの有効成分が、+−の電気を帯びた原子団となって、これ以上は分解できない最小の超微粒子が電気流として体内に敏速吸収される。
 表皮より吸収して体内に刺激を与え、全身の体調を整え、さらに生きている皮膚に活力を与え、しっとりしたみずみずしい肌をつくり上げる。身体の新陳代謝を高め、程好くバランスを保って、いわば自然の肌の健やかさ、美しさに欠かせない大切な役割を果たしている。また、元素の原子と化合し、置き換え作用によって細胞に蓄積された老廃物を体外に放出する。
                        ページトップへ
  ミネラル

 ミネラルというのは鉄、燐、カリウム、マグネシウムなど鉱物質(無機元素)をいいます。
ミネラルは水に溶ける性質をもっています。ミネラルを多量に含んだ地下水が地表にでてきたものをミネラルウォーターです。
 ミネラルを多量に含んだ鉱泥を鉱泥欲として利用し、温泉より効果があるのを認められ、最新の治療器とうまく併用した特殊物理療法はルーマニアが世界的に有名であり、イタリーでは盛んに用いられ日本では別府温泉で用いられています。
また、天然ミネラルの有効成分は皮膚細胞の活性化(美肌作用)にも著効がみられます。
                        ページトップへ
  イオン化したミネラルの諸効

 ミネラルをイオン化することにより皮下に素早く浸透し、体内イオンに結合して、血液の流れを活発にし、血液を初めとする体液の循環作用を促進し、細胞組織機能の新陳代謝を高め、腫脹部、炎症などの酸性化した血液を拡張して様々な病状を改善していきます。
また、イオン化したミネラルが皮膚表面に残留して強力な抗菌作用(イオン交換作用)も行います。
 人体内で様々な整理機能を推進するものは何十種に及ぶ酵素です。
これらの酵素はその一つ一つがそれぞれ決められた一つだけの働きをするわけですが、この大切な酵素の発育や増殖にもミネラルが必要です。
                        ページトップへ
  ミネラルの働き

鉄・・・・・・・・・・・血液(赤血球)の原料
カリウム・・・・・・幼児期の成長促進
カルシウム・・・・歯や骨を構成。血液の凝固作用。
          体液をアルカリ性に保つ。
マグネシウム・・筋肉の収縮作用。
ナトリウム・・・・・組織の水分を保持する。
          塩分のバランスを調整する。
塩素・・・・・・・・・組織の水分を調整する。
          消化液の分泌を促進する。
                       ページトップへ
  鳴沢精製土の成分(構成比)

水分 4.30 酸化鉄 4.7  
灼熱原料 5.16 酸化アルミニウム 25.2  
酸化カリウム 0.16 塩素 0.10 
酸化ナトリウム 0.27 硫酸 0.10 
酸化カルシウム 4.90 ケイ酸 54.57 
酸化マグネシウム 0.10 メタ亜ヒ酸 0.001


  〔聖泥〕成分表(1?中r)

マグネシウム 121   カルシウム 113   
13.7 ナトリウム 2.7 
カリウム 1.5 ヒ素 0.03

被験者     妊娠婦(A)(妊娠3ヶ月〜10ヶ月)
              (B)(産後    〜12ヶ月)
         状態によって入浴開始日に大差あり
         新生児  (出産時〜12ヶ月)
実験期間   昭和45年〜昭和53年

〈効果事項〉
※1−保温効果がよく、出産後にみられる冷え症によい。
※2−妊娠時、産後にみられる肌荒れがなく、肌のきめを細かくする。
 3−出産後に出るシミ、ソバカス等を抑え、皮膚の色素を調整する。
※4−戦前、産後に多い〈おりもの〉などによる局部のただれを治す。
 5−皮膚の漂白作用。
 6−腹部膨張による皮膚の亀裂度を減少させる。(ブラッシングマッサージ併用)
※7−肩のこり、腰痛をなくす。
※8−疲労感を和らげ、産後などの回復を促進。
 9−普通の温浴入浴、よく睡眠ができる。(新生児も同じ)
※10−あせも、オムツかぶれしない。
※11−産後の後遺症である神経痛、リュウマチの予防と治癒。
 12−乳腺を賦活し、母乳の出を助成する。(ブラッシングマッサージ併用)

(注)※は厚生省認可による効果表示標示項目

        蓬莱産婦人科医院院長
        医学博士 渡辺 彬 
                       ページトップへ
  聖泥の効能

シミ、ソバカスを抑え、皮膚の色素を調整する。

細胞を若返らせ、皮膚のきめを細かくする。

皮膚細胞の活性化(美肌作用)。

抗菌的作用(イオン交換作用)

細胞組織機能の新陳代謝促進。

疲労素の排泄現象(老廃物の排泄)。

各器官の活性化(血液の流れを活発にするなど)。

腫脹部、炎症などの病状改善。

体液をアルカリ性に保つ。

体液浸透圧の保持。

酵素の活性化。

神経系統に刺激を与える。
          
                       ページトップへ